fc2ブログ

記事一覧

ジェネリック 談合疑惑でドボン

TEVA201611

薬品株は長期保有に適しているとされ、
モルガンのグローバル・フランチャイズでも数銘柄保有がされている。

パテント切れで株価急落、
競合薬品認可で株価急落、

そんなことが嫌で自分が注目したのは、ジェネリック。

それがジリジリ下げての最後は暴落、、、

昨日の暴落は、
米国司法省(DOJ)がジェネリック十数社に価格操作疑惑で捜査に乗り出したからである。

テバ、マイラン、、、、

一過性で終わるとみると、株価はリバウンドするはずなんだが、
クリントンの件もあり、
薬品業界の厚鞘伝説の終焉、、、
なんてことも予感させるだけにちょっと辛い。

買い増しを予定していたが、
捜査の決着がつくまでは下げ圧力がかかりそうなので、
しばし海外ブロガーのコメントなぞ読みながら、
どうするか考えたいと思う。

NOVOとジェネリックのおかげで年収とまではいかないが、
かなりふっとんだ。

ついでに、
定期的収入(サラリー)があるうちは、
株価は下がった方が良い!
なんて強がる気分もふっとんだ。

ふっとんだまま年末・年始を迎えてしまうのだろうか。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント